睡眠の質は時代の変化により低下している現代人が多くなっている

睡眠を毎日たっぷり、6時間以上取っているのに、朝起きた時ぐっすり寝た感じがしない、6時間以上寝ているのに、3時間ぐらいしか寝た感じがしない…こういった事感じたことはありませんか?

 

このような事を感じた場合レム睡眠やノンレム睡眠の時間の関係もありますが、睡眠の質が悪くなっている可能性があります。睡眠の質を高める事で、毎日少ない睡眠時間でもスッキリしますし、体調もしっかり回復しますし、美容効果も高まります。

睡眠の質を高めるために今日から始めよう!5つの事

生活習慣は絶対に乱さないべし

現代人は生活習慣が乱れている方が非常に多いです。寝る時間が不規則はもちろん、食事の時間はもちろんです。喫煙なんかも睡眠の質を悪くしてしまう生活習慣の1つです。不規則な生活習慣は不眠症の原因の1つであります。不眠症 対策にも生活習慣は整える事は大事なのです。

就寝3時間前には食事、入浴は済ませておくべし!

入浴も食事ですが、寝る3時間前ぐらいに済ませておくといいでしょう。寝るときはお腹が空っぽの状態で寝ると睡眠の質は上がりますし、入浴をすると体温が上がり、徐々に下がってきますので、眠気を誘います。食べてからすぐに寝てしまうと太る原因にもなりますが、他にも睡眠の質が悪くなる、胃にも負担がかかってしまいますので、3時間前を意識しましょう!

寝酒はもちろん!寝る前の喫煙、カフェインも絶対だめ!

寝る前にお酒を飲んでから寝るって方は非常に多い。そして、お酒を最高の睡眠薬とも思っている方も非常に多いのですが、睡眠にとっては寝酒は最悪です。アルコールには利尿作用がありますので、夜中にトイレに起きるって事があります。

 

そして、お酒だけではなく、カフェインにも同じく利尿作用があります。カフェインは覚醒作用がありますので、寝れたとしても質が悪くなります。もちろん、喫煙も覚醒作用、興奮作用がありますので、寝る3時間前は飲まない、吸わないを意識しましょう。

テレビやスマフォ、PCなどの光を浴びすぎないようにしよう!

テレビはスマフォ、パソコンは今の時代必要不可欠ですね。テレビやパソコンの光は脳にとって朝と勘違いさせてしまう一つの要因。スマフォなんかは特に近くで見ますので、強い光ですので、脳を覚醒させてしまいます。体内時計は太陽の光によって、整えられておりますので、太陽が沈めば脳も夜になったと認識しますが、光を浴び過ぎる事によって、あぁまだ、昼か!じゃぁまだ寝なくていいよね!起きていようと勘違いしてしまうのです。寝る直前まで、テレビやすスマフォなどを見ている方は1時間前から2時間前は見ないようにしましょう。

睡眠の質を上げるための栄養素を摂りいれるべし!

メラトニンという睡眠物質をご存知でしょうか?このメラトニンがトリプトファンと呼ばれるアミノ酸から作られます。トリプトファンは牛乳、カツオ、サンマ、バナナなどなどの含まれております。トリプトファンがメラトニンに変わるまで、時間がかかりますので、朝食にトリプトファンを摂取するのがオススメです。

 

 北の大地の夢のしずくで休息成分をたっぷり摂りいれよう!

 

最近注目されている休息飲料である北の大地の夢しずくで休息成分を摂りいれる方法もあります。北の大地の夢しずくを飲んでから睡眠の質が朝起きるのが楽になった、睡眠の質が上がったという口コミもたくさんありますので、質を上げるためには一度試して起きい快眠グッズであるのは間違いないでしょう。
北の大地の夢しずくの口コミレビューをチェックする

睡眠の質を高めるために今日から簡単にできる5つの事 まとめ

睡眠の質を上げる事で、皮膚の修復、体調の回復のために大事なホルモンである、成長ホルモンの分泌を盛んにしますので、しっかりした休息はもちろん、美容効果もあります。

 

夜、中々眠れなくて、いつも睡眠時間が3時間〜4時間程度しかない…もしくはそれ以下の場合、その貴重な睡眠時間でどれだけ質の高い睡眠を取るのかがキーポイントになります。

 

今回は5つの事をご紹介させて頂きましたが、まだまだ、質を高めるためにしたい事はたくさんあります。ゴールデンタイム22時〜2時まで、就寝するようにする。日中動いて、体を疲れ痩せてあげる、適度な運動、アロマテラピーなどなどたくさんあります。

 

睡眠の質を高めるだけで、朝起きるのも嘘のようにスッキリしますし、体も非常に楽になります。ですので、今の睡眠を見直して質をぐーんとあげるようにしてみて下さいね。